佐藤琢磨応援団 沖永良部支部(blog版)
佐藤琢磨選手(インディカー・シリーズ参戦中)を南国沖永良部を拠点に大応援しています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いやはや・・・

こんなレース見たことありません!まさしく『ハレ晴れユカイ』@涼宮ハルヒ(知らない方はググって下さいね(^ω^;)(;^ω^))ならぬ『アレ荒れフユカイ』になってますね(いろんな意味で/爆)

セーフティーカースタートだの、2時間ルールだの、僕が今まで知らなかったルールも出てきて、まあ、すこしばかりは勉強になったかな???と思います。

さて、レースそのものはと言いますと、序盤こそセーフティカースタートの影響で全くの見せ場なしだったのですが、しかし、20周くらいからレースがスタートすると、それまでの流れから打って変わったように各車攻める攻める!

途中、S.ヴェッテル(トロ・ロッソ)がラップリーダーだったり、K.ライコネンvsH.コバライネンの2位争いがとてつもなかったりと、画的には見所もあったんですが、やはり日本勢に頑張ってもらいたかった!こと、琢磨選手はセットアップが巧くいかなかったのが悔やまれます。折角のレインコンディションだったのに・・・残念。

さて、優勝したのはL.ハミルトン。チャンピオン争いをしていたF.アロンソが途中でクラッシュを演じた為、ドライバータイトルをほぼ手中に収めたといっても過言ではありませんが、この状況は、去年のM.シューマッハvsアロンソに構図が似ています。状況によってはアロンソが打ち立てた最年少チャンピオンの記録を塗り替える可能性がある為、こちらの行方にも注目したいと思います。

次は中国!気持ち新たに、夢へ向かって突き進め!頼むぞ、我らが剣、アグちゃん3号!!

TRT2007ロゴ
私達は、2007年も佐藤琢磨選手を全力で!応援しています。
スポンサーサイト

テーマ:スーパーアグリ&琢磨 - ジャンル:車・バイク

さア、グリッドへ2007?JapanGP Special Edition

一体いつからこの記事書かなくなったんだろうか???(爆)

正直、戦う公務員になってからF1をまともに見られてませんが、流石に日本GP篇は書かなきゃマズいよな?ということで、久々にこのタイトル引っ張り出しましたw

前置きが長くなりましたが・・・さあ、皆様!いよいよ日本GPが明日に迫って参りました!

今年は馴染みの鈴鹿サーキットを離れ、F1仕様にアップグレードされた(らしい)富士スピードウェイでの開催と相成るわけですが、とかく開催前から色々な問題点を指摘され、挙げ句まだ開催されて居ないにもかかわらず、2009年から鈴鹿との隔年開催をあっさり決定させるあたり、『大丈夫か?』とあらぬ心配もしなければならないと言う・・・(汗)

が、しかぁし!そんな心配、我らが琢磨選手のスーパードライブを見て、(色んな意味で)吹き飛ばしてしまいませう!

『どーけーよ どーけーよ とーばーすーぞー♪』と、名鉄のミュージックホーンみたいになればなおよろし。

一方、ドライバータイトルだけに勝負の行方が集まっているチャンピオンシップですが、こればかりは如何ともしがたい状況。まさかこれ程の事態になっているとは思わなかったので、トリアーエズその辺りも静観したいと思います。

とにもかくにも、アツい戦いを期待しましょう!

母国に懸ける熱き想いを胸に、いざ、母国!新たな伝説の扉を開き、戦いの舞台へ赴け!頼むぞ!我らが剣、アグちゃん3号!!(←この呼称も久し振りw)

TRT2007ロゴ
私達は、2007年も佐藤琢磨選手を全力で!応援しています。

と、いうことで・・・

ここもいい加減更新せねばw

今、Music.jpの着メロサイトにある『着うた』コーナーで、なんと!ホンダV10『鈴鹿スペシャル』のエンジンサウンドを堪能する事が出来ます!

今ではレースで聴く事の出来ない、シンフォニックなホンダサウンドを是非ご堪能下さい!

※着うたDLには月額315円(税込み)の有料登録が必要な他、別途コインの購入が必要になります。

なお、ホンダエンジンは1コンテンツ当たり10コイン(105円(税込み)相当)です。

特集ページにつきましては、Music.jpのトップページから、F1のリンクを探してクリックして下さい。

プロフィール

マーク=グラン

Author:マーク=グラン
SAF1&佐藤琢磨を、南国沖永良部より熱烈応援しています。

以下の同盟に加盟中!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。