佐藤琢磨応援団 沖永良部支部(blog版)
佐藤琢磨選手(インディカー・シリーズ参戦中)を南国沖永良部を拠点に大応援しています!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どれ、久しぶりに・・・と思っていたら

いやあ、ここもどれくらい書いてなかったかなーw いつしか、TRTさんも活動してないし・・・とはいえ、久しぶりにここも更新しちゃろうか、と思ってスマホでネタを探したら、auの急上昇ワードに『佐藤琢磨』の文字。

ん?何事かぇ?

逸る気持ちを抑え、クリックして確認すると・・・

詳報:琢磨、ロングビーチ戦でインディ初制覇
http://as-web.jp/news/info.php?c_id=5&no=47907

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!!!

やってくれた!ついにやってくれた!とにかく嬉しい!

正直なところ、このところ忙しくてモータースポーツのニュースもろくすっぽにチェックできてなかったので、このニュースはかなり嬉しい!

久しぶりに、うまい酒が飲めそうです!
スポンサーサイト

テーマ:Indy 500 / IndyCar 2013 - ジャンル:車・バイク

【会員増強】TRT Communicationメンバー募集中!【強化月間】(差替)

TRT2007ロゴ


今日から君もTRTのメンバーに!


日本人の夢を乗せて世界を疾走するF1ドライバー、佐藤琢磨選手を全力で!応援しませんか?

詳しくは上記バナーをクリックするか、http://trt.seesaa.netまで!急げー(笑)

↓通常エントリはこの下ですよw↓

【Hayato`s Report】緊急極秘取材 ライムグリーンがF1シーンに!?そのウラにあるものとは?(エイプリルフール)

2011年シーズンを目標に、あの『ライムグリーン』がF1シーンを席巻するかもしれない。その裏に潜むものとは何か・・・天見ハヤトが総力取材を敢行した。

文:天見ハヤト

筆者がこの話を聞いたのは、昨年の暮れの話だ。筆者に近しい航空業界の関係者から、『ホンダとカワサキが航空分野での提携を視野に入れている。カワサキがホンダに航空機の技術を提供する見返りに、ホンダは自前のエンジンをカワサキワークスに供給して、F1に参戦させるらしい』というのだ。

ホンダと飛行機、といえば、『ホンダジェット』の名で世界的に売り出してはいるが、確かにシェアは低いのが現状。そこで、航空業界には強いカワサキの力を借りて、一気に攻勢に出る考えのようだ。しかし、カワサキもタダで技術供与する程お人よしではない。ということだろう。それもそうだ。バイクの分野では、両者はライバル関係にあるのだから。

そこで、カワサキはホンダにこんな話を持ちかけたのだろう。『ホンダエンジンでF1に出させてくれたら、飛行機の技術を少しは供与できるよ』と。

ライムグリーンが4輪レースで世界を席巻する。こんな構図を今まで見たことがあるだろうか?

少なくとも、筆者はまだ見たことが無いが、実現すれば、大事である。

まだ形の見えぬ状態ではあるが、話の行く末は注視していきたい。
続きを読む

TSエンタープライズ、レッドブル・ジャパンを通じてトロ・ロッソへ働きかけ

佐藤琢磨の日本でのマネジメントを担当するTSエンタープライズが、「日本のファンの熱意を伝える」べくレッドブル・ジャパンへの訪問を行った事が分かった。

これは、今日配信されたF1Newsのメルマガ版が伝えたもので、記事によると、TSエンタープライズが先日からファン向けの掲示板での応援メッセージを呼びかけ、そこに集まったメッセージを『ファンの熱意』としてレッドブル・ジャパンへアピールしたとのこと。

なお、レッドブル・ジャパン自体は、過去にマーケティングの一環として同飲料を国内販売しているローソンなど国内企業のロゴを、レッドブルのマシンに貼付して日本グランプリで走らせた前歴もあることから、TSエンタープライズには、トロ・ロッソの『出資者』であるレッドブル本社に、日本法人であるレッドブル・ジャパンを通じて働きかけを行わせる狙いがあると見られている。

(文:天見ハヤト)

っつーワケで

どうにか年男でござい。

暦も巡って三周目・・・心機一転頑張らねば!

あと、絶対彼女作るんだい!

Hayato's Report『F1日本GPをナイトレースにするメリットとデメリット』

シンガポールGPで初めてお目見えしたナイトレース。そのナイトレース日本開催のメリットとデメリットとは何か?天見ハヤトが鋭く斬り込む。

(文:天見ハヤト)

史上初のナイトレースとして開催されたシンガポールGPが話題となったが、F1興行を取り仕切るバーニー・エクレストンは、『日本GPもナイトレースにするべきだ』との見解を示した。

欧州でのフライアウェイ・シリーズの視聴率を確保するという目的から飛び出た発言だが、この構想は実は日本サイドにもちょっとしたメリットが隠れている。

それは、F1を含めたモータースポーツの知名度を挙げるための絶好のチャンスとなる事だ。実際、シンガポールのレース開始は現地時間の21:00。この時間は日本でもギリギリ『ゴールデンタイム』にあたる。この時間に決勝レースをぶつけると、深夜帯よりは数字を稼げる。そうなれば、より多くの視聴者がレースを見ることが出来る。となれば当然、企業関係者にも認知されやすくなり、モータースポーツへの投資はやりやすくなる。結果、日本企業が世界進出への足がかりとしてモータースポーツへ進出する機会が増えるのではないか?と筆者は見る。

だが、メリットよりはむしろデメリットの方が大きい。

観戦する身になれば、それはかなりの混乱を来す恐れすらあるためだ。実際、昨年の富士スピードウェイの様な状況が、ナイトレース開催後に起きたら・・・その影響は到底計り知れぬものとなる。

故に、日本でナイトレースを開催するならば、それに見合ったサーキット環境の整備が急務となる。こと、ナイトレースは一度開催されたとは言え、まだまだ手探り状態だという事を忘れてはならない。

ドライバーマーケット、動く!?

スイスの『モータースポーツアクチュエル』紙によると、来シーズン、赤牛2号のベッテルが本家へ移籍する事に伴い、これに絡んで『空いたシートに琢磨選手を起用するんジャマイカ!?』と噂されているそうな。

チームの共同代表であるベルガーさんは、若手のチームメイトには“経験豊富なドライバー”を起用したい意向を以前より示していて、琢磨選手は候補たるに十分なキャリアも持っています。

また、レッドブルが日本での市場拡大を狙っている関係から、日本人の琢磨選手は、コマーシャルキャラクターに起用するにも打って付け!という計算も働いての事でしょう。

この話が上手くいけば、早くても今年の冬テストで久々にマシンを駆る琢磨選手を見ることが出来そうです。

☆に願いを・・・

さて、何が何やら解らぬウチに一年も折返しを迎えてしまいました。

この所梅雨なのか夏なのか解らない天気が続いておりますが、皆様へばってませんか?

で、本題。

当Blogでもすっかりお馴染みとなりました、TRTさんの恒例トラックバック企画にございます。

今回については、考えるまでもなくすんなり決まってしまいました。

つ『新しい彼女が早く出来ます様に』

元カノと別れてから半年が過ぎまして、そろそろ新しい彼女が欲しいんですよね。なんだかんだで僕も青春真っ只中な若者なので。hi(^_^;)

事務連絡『名古屋オフの開催希望調査について(依頼)』

本年度中に名古屋市に於いてオフ会の開催を計画しております。

開催は本年冬頃(年末頃)を目処に現在調整中であります。

つきましては、コメント欄に現段階での参加希望の有無、及び開催を希望する時期について、様式自由にて通知されたく依頼致します。

急な計画発案によりお忙しい中でお手を煩わせる事になりますが、ご協力の程宜しくお願い致します。

買ったよ!

20080615111214
何をって?画像を見てくれたらすぐに解ります。

そう、こないだ『予約した』ってエントリを書いた琢磨選手のドライバーキャップ08Ver.ですよ!

こういうの初めて買ったんだけど、現物はやっぱりいいね!早速お出かけに活用ちぅ♪

次はスーパーアグリのチームウェアも購入してみようかな?

プロフィール

マーク=グラン

Author:マーク=グラン
SAF1&佐藤琢磨を、南国沖永良部より熱烈応援しています。

以下の同盟に加盟中!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。